■過去の公演
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
劇団昴 2013年 公演情報
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1月
 
  沢山のご来場ありがとうございました!
  ■劇団昴公演■
平成24年度文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
『 イノセント・ピープル "原爆を作った男たちの65年"』
作=畑澤聖悟(渡辺源四郎商店・店主)
演出=黒岩亮(劇団青年座)

 
アメリカ ニューメキシコ州ロスアラモス。
原子爆弾開発に従事した科学者ブライアン・ウッド。
ヒロシマ・ナガサキに落とされた2発の原爆を作り上げた5人の若者たち。
これは、彼らが歩んだアメリカの「第二次世界大戦後」の物語である。
アメリカは、その後も朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラン・イラク戦争、と、戦地へ若者を送り続けた。
戦後も原爆・水爆製造に携わるブライアン。
1945年のあの日から65年、彼らはどう生きてきたのか?
日本人の視点でアメリカの戦後をとらえる異色の戦後史。
  ●キャスト
遠藤 純一
ブライアン・ウッド
宮本 充
キース・ジョンソン
福山 廉士
カール・コワルスキー
石田 博英
グレッグ・シウバ
鳥畑 洋人
ジョン・マッケラン
米倉 紀之子
マーシャ
新野 美知
ニナ
市川 奈央子
リンダ
要田 禎子
ジェシカ
大島 大次郎
ウィリアム
矢島 祐果
シェリル
草 量平
タカハシ
槙乃 萌美
ハルカ
江川 泰子
ベロニカ
吉田 直子
ルーシー
原 一登
リチャード
 
●スタッフ
美術○柴田秀子 照明○古宮俊昭 音響○藤平美保子 衣装○竹原典子 舞台監督○井上卓
演出助手○河田園子 宣伝美術○真家亜紀子 写真撮影○中畑佳久・梅原渉
制作○演劇企画JOKO/劇団昴

●協力
田中浩朗(東京電機大学 工学部 人間科学系列 教授)
劇団 青年座
渡辺源四郎商店 

●公演日時
2013年1月30日(水)〜2月3日(日)

- 1/30
(水)
31
(木)
2/1
(金)
2
(土)
3
(日)
14:00 - -
18:00 - - - -
19:00 - - -

※開場は開演の30分前
★・■=1月31日・2月2日、終演後に作家・演出家・出演者を交えた
ポスト・ショー・トークを行います。
★=31日は演出:黒岩亮  ■=2日は作家:畑澤聖悟も参加します。
◎=オープニング・チケット 一般入場料金が3500円です。

前売開始 2012年12月10日(月)

●入場料金
一般 5000円
U24 3000円※1
小・中・高生 2000円※2
オープニング・チケット 3500円※3

※1、24歳以下の方が対象となります。ご来場の際に年齢の証明できるものをご持参下さい。
※2、当日、中・高生はご来場の際に生徒手帳を提示して下さい。
※3、1月30日の公演に限ります。
※1・2・3のチケットは劇団のみのお取扱いとなります。

全席指定

劇団昴チケットコール 03-6907-8415
(平日10時〜18時)
電子チケットぴあ 0670-02-9999
【Pコード:424-430】
ローソンチケット 0570-000-407
【Lコード:39475】
  ●会場
あうるすぽっと
 
 

2月

 

■イベント■
【すばる倶楽部会員様限定】
『すばる倶楽部 お茶会』 〜昴俳優と会員の皆さんとのミニミニ★交流会〜

こちらのイベントは終了いたしました。ご参加ありがとうございました!

「イノセント・ピープル」を観て、交流会に参加しませんか?
公演最終日、お芝居をご覧になり、作家・演出家そして出演者を交えて、
お芝居の感想や質問を直接お話し出来る「お茶会」です。



●日時=2013年2月3日(日) 16:20〜18:00
●会場= あうるすぽっと ロビー内 ホワイエ奥 カフェスペース
●会費=1,500円
 (ソフトドリンクと一口サンドイッチやプチデザート、当日の記念写真のお土産付き)

【特別ゲスト】
畑澤聖悟(作者)、黒岩亮(演出)

【参加劇団員】
『イノセント・ピープル』の出演者から
遠藤純一・宮本充・福山廉士
要田禎子・江川泰子・米倉紀之子・新野美知・矢島祐果
(参加者は当日変更になる場合がございます、予めご了承下さい)

〇【先着30名様】までとさせて頂きます。
〇ご同伴者様大歓迎です。
但し、今回少人数制の為、会員1名様につきご同伴1名様までとさせて頂きます。

◎お茶会・お申込み方法◎

こちらのイベントは【すばる倶楽部会員様限定】のイベントとなっております。
すばる倶楽部に関しましては、左のメニューをご覧下さい。
ご新規入会のお申込み・お問合せは 
TEL 03-6907-9220  劇団昴『すばる倶楽部』係(平日10〜18時/土日休) まで
お願いいたします。


申し込み先:昴チケットコール(平日10〜18時/土日休) TEL 03-6907-8415

※定員になり次第締め切らせて頂きます。
※お電話でのご予約のみとなります。
※ご予約を完了された方には後日お茶会の詳細をお知らせいたします。
(FAXか郵送)

●お茶会に関するご質問などもありましたら、同じ電話番号でお受けします。
お気軽にどうぞ。


   2月
 
 

皆様沢山のご来場ありがとうございました!
来年もお楽しみに!!

  ■イベント■
『すばる倶楽部懇親会』
2月24日(日)

来る、2月24日(日曜日)に恒例の
「すばる倶楽部パーティー2013」が行われます!!
午後3時から6時の3時間、パフォーマンス・劇団員の 手作り料理と盛り沢山で皆様をお迎え致します!!
ここでしか、この日にしか見られない企画、 心のこもったお料理で皆様をお迎えしたく 劇団員一同準備に没頭しております。
もちろん劇団員とゆっくり御歓談していただく お時間もたっぷりありますし、記念撮影やサインもOKです。
普段終演後の面会ではなかなかじっくりお話しも出来ない、 この機会にいろんな俳優にお声かけください。
それぞれスタッフとして動き廻っていたりもしますが、 この日ばかりは皆さんが主役です。遠慮なくお声かけください。 このパーティーのチラシのイラストは劇団員の宮本充さんの作品です。
昨年の上演作品にちなんだイラストです。
「スカイツリーで乾杯!」なんて粋ですね〜
場所は昨年と同じ[ハイライフプラザいたばし]
場所がイマイチわからない場合は劇団にお気軽にお問合せくだい。
会費 は当日お支払いで3500円。 会員のお連れの方は4000円、 高校生以下の方は2000円になります。 お申し込み受付は一旦締め切ったのですが、 ご予定変わって参加出来るようになった!とか、 家族や友達と一緒に参加したい!という方、
まだまだお申し込み受付ております。劇団昴03−6907−9230か、
FAX03−6907−9220までお願い致します。
メールでのお申し込みは今回行っておりませんのでご注意ください。

ご参加、心よりお待ちしております。 劇団員一同より

●お問合せ 劇団昴 03-6907-9220
  3月
  沢山のご来場ありがとうございました!
 

■地方公演■
『 隣で浮気?』
作 アラン・エイクボーン
演出 ニコラス・バーター

3月19日(火)〜4月17日(水)

神奈川県演鑑連

 

   4月
劇団昴ザ・サード・ステージLABO公演VOL.3
 
  沢山のご来場ありがとうございました!
  ■劇団昴ザ・サード・ステージLABO公演VOL.3■
『 乙一 を 読む!』
作=乙一
演出=高橋正徳(文学座)
構成=秋之桜子

「暗いところで待ち合わせ」から1年。再び、劇団昴が「乙一」に挑む!
ミステリーの若き鬼才乙一の短編5編を選び、
さまざまな組み合わせで「乙一」を、読む!



【乙一】
1978年福岡生まれ。96年「夏と花火と私の死体」で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞(集英社)を受賞しデビュー。主な作品は、「GOTH」「死にぞこないの青」「暗いところで待ち合わせ」「ZOO」「銃とチョコレート」など。本名の安達寛高名で映像作家としても活動。 ユーロスペースで上映した『立体東京』(07)『一周忌物語』(09)はDVDリリース中。


●出演
石井ゆき
遠藤英恵
福山廉士
松谷彼哉
大矢朋子
新野美知
宮島岳史
奥田隆仁
茂在眞由美
染谷麻衣
大島大次郎
江ア泰介
吉澤恒多
鎌田翔平
木裕平
町屋圭祐
 
林亜沙子 加藤一平   秋間 登


●朗読作品 

A◎血液を探せ!・・・「ZOO」より
目覚めると「ワシ」は、包丁が刺さって血まみれだった。一体誰がワシを刺したんだ!

ワシ=大島大次郎、ツグヲ=江ア泰介、ナガヲ=福山廉士、
ツマ子=新野美知、オモジ先生=秋間登

B◎傷・・・「失はれる物語」より
他人の傷を自分に移すことができる「アサト」に、「おれ」は出会った。

オレ=鎌田翔平、アサト=木裕平、シホ=新野美知、先生他=大矢朋子

C◎落ちる飛行機の中で・・・「ZOO」より
ハイジャックされた機内。緊迫した状況で隣の男が持ちかける提案とは?

女=松谷彼哉、セールスマン=吉澤恒多、男の子=町屋圭祐、客室乗務員他=加藤一平

D◎Calling You・・・「失はれる物語」より
孤独が生んだ私の頭の中の実在しない携帯電話。突如鳴り出す着信音・・・

リョウ=染谷麻衣、シンヤ=奥田隆仁、原田=茂在眞由美、母他=石井ゆき

E◎So-far ソファー ・・・「ZOO」より
とある日から父には母が、母には父が見えないという。両方見えている僕は・・・

ぼく=林亜沙子、父=宮島岳史、母=遠藤英恵



●公演期間
2013年4月9日(火)〜14日(日)

●公演日程
- 4月9日
(火)
10日
(水)
11日
(木)
12日
(金)
13日
(土)
14日
(日)
14:00 - CD BC BD AD CE
18:00 - - - - BE -
19:00 AB EA DE AC - -
※1公演で、2作品をさまざまな組み合わせで上演します。
※開場は開演の30分前
※開場15分前より入場整理券をお配りします

●前売開始
2013年3月6日(水)

●会場
シアターグリーン BASE THEATER
〒171-0022 豊島区南池袋2-20-4

●入場料金
全自由席
一般料金 2500円
U-24料金 2000円
24歳以下の方が対象となります。ご来場の際に年齢の証明できるものをご持参下さい。


●ご予約・お問合せ
劇団昴チケットコール 03−6907−8415(10:00〜18:00土日・祭日除く)

●スタッフ
美術=長田佳代子 照明=阪口美和 音楽・音響=熊野大輔
舞台監督=奥田隆仁・大島大次郎 演出助手=染谷麻衣・林亜沙子
制作:劇団昴ザ・サード・ステージ 磯辺万沙子、要田禎子

協力
集英社・角川書店・リアルコーヒーエンターテインメント・文学座

  6月
  沢山のご来場ありがとうございました!
 
 

YouTube版はこちら 
 

■劇団昴公演■
協賛 (財)現代演劇協会
『 汚れた手』
作 ジャン=ポール・サルトル
演出 森新太郎(演劇集団 円)

この世に自分の居場所を見出せない若者ユゴー。彼は生甲斐を得るために入党を果たし、葛藤渦巻く抗争の中に身を投じる。殺伐とした世界。若者は一人の男の暗殺に自らの使命を見つけ出す。ピストルを向けるべき標的。しかしその男の言動に触れるうち、ユゴーは男の豊かな人間性に惹かれていく…。1948年に初演され、時代に大きな衝撃を与えたサルトルの問題作。

ジャン=ポール・サルトル Jean-Paul・Sartre (1905〜1980)
フランスの文学者・哲学者。第二次大戦中、抵抗運動に参加。戦後、実存主義を提唱。世界に大きな影響を与え続けた。主な小説に『嘔吐』『自由への道』、論著に『存在と無』などがある。1964年ノーベル文学賞に選ばれたが、「人間は生きながら神格化されるには値しない」とこれを辞退した。戯曲も多数。


中西陽介
ユゴー
秋間 登
カルスキー
伊藤和晃
シャルル
牛山 茂
ポール公
水野龍司
エドレル
宮本 充
ルイ
北川勝博
ジョルジュ
佐々木誠二
イヴァン
鳥畑洋人
スリック
三輪 学
レオン
大島大次郎
フランツ
   
高山佳音里
オルガ
染谷麻衣
ジェシカ
   

●スタッフ
美術○伊藤雅子 照明○古宮俊昭 衣装○西原梨恵 音響○藤田赤目 舞台監督○黒木辰男
宣伝美術○坂本志保 イラストレーション○安齋 肇 制作○演劇企画JOKO/劇団昴

●公演日時
6月1日(土)〜9日(日)

6月 1日
(土)
2日
(日)
3日
(月)
4日
(火)
5日
(水)
6日
(木)
7日
(金)
8日
(土)
9日
(日)
14:00 - - - -
19:00 - - - - -

※開場は開演の30分前
◎=オープニングチケットデー、一般料金3500円。(劇団昴のみ取扱い)
★=公演終了後に演出家・出演者を交えたポストショー・トークを行います。

前売開始 2013年4月17日(水)

●入場料金
一般:5000円 U24:3000円 オープニングチケット:3500円
※U24=24歳以下の方対象。ご来場の際に年齢の証明できるものをご持参ください。
全席指定

劇団昴チケットコール 03-6907-8415
(平日10時〜18時)
電子チケットぴあ 0670-02-9999
【Pコード:427-078】
ローソンチケット 0570-000-407
【Lコード:35651】


●会場
俳優座劇場
  7月
  沢山のご来場ありがとうございました!
 
 

■地方公演■
『親の顔が見たい』
作 畑澤聖悟(渡辺源四郎商店・店主)
演出 黒岩亮(劇団青年座)

●キャスト
西本裕行 小沢寿美恵  姉崎公美 星野亘 宮本充 金房求 林佳代子 佐藤しのぶ
大坂史子 落合るみ 永井誠 遠藤純一 市川奈央子 

  7月4日(木)〜8月3日(土)

中国地区演鑑連
 ※全ての巡演先は各地の演劇鑑賞会・市民劇場の主催公演となり会員制の公演です。
公演に関するお問合せは、各地鑑賞会・市民劇場事務局にお問合わせください。
  8月
  沢山のご来場ありがとうございました!
 
 

劇団昴ザ・サード・ステージLABO公演vol.4
劇団昴×日本芸術専門学校コラボレーション公演
『何がすごいの?シェイクスピア!
―シェイクスピアを百倍楽しむ法―』

作・演出 三輪えり花

 
この作品はこれまでに企画公演として大学や劇団のイベントなどで上演を繰り返し大変ご好評頂いてきたシリーズです。

今回、台本やキャストの装いも新たに、ザ・サードステージLABO公演として上演!
シェイクスピアの喜劇、悲劇、史劇、恋愛劇、悲喜劇、喜劇的悲劇、悲劇的喜劇などギュウギュウに盛り込みつつ、その世界観の魅力や見どころ、お馴染みの名台詞や名場面、他にも当時の裏話やトリビアを織り交ぜ、シェイクスピア初心者の方からフリークまで存分に満足して頂ける作品です。

また今回は、兼ねてから縁のありました日本芸術専門学校の学校の生徒さん達が、劇場スタッフとして参加。劇団昴の俳優たちとコラボレーションする初の試みです。
  ●キャスト
 
岡田吉弘
宮島岳史
岩田翼
舘田裕之
 
江ア泰介
町屋圭祐
加藤来洸

高山佳音里
舞山裕子
林亜沙子
木村香織
   
木村雅子
脇坂晴菜
   

 

●スタッフ
美術・衣装○三輪えり花 照明○ステージ・ライティング・スタッフ 
劇場スタッフ○日本芸術専門学校演劇学科 宣伝美術○市村宏 
制作○劇団昴ザ・サード・ステージ/日本芸術専門学校 協力○ACTURE

●公演日時
2013年8月23日(金)〜25日(日)

8月 23日
(金)
24日
(土)
25日
(日)
13:00 - -
14:00 - -
17:00 - -
19:00 - -


※開場は開演の30分前

●入場料金
一般:2500円 U24:2000円 
※U24=24歳以下の方対象。ご来場の際に年齢の証明できるものをご持参ください。
全席自由

●チケット予約

2013年7月30日前売開始

予約受付専用携帯電話:050-3561-9466
(10:00〜18:00 日曜日を除く)
劇団昴チケットコール 03-6907-8415

予約受付専用メール:subaruomori@gmail.com

 

●会場
日本芸術専門学校大森校劇場

東京都大田区山王2-12-13
電話:03-3771-2111

 
JR京浜東北線「大森駅」西口改札徒歩5分
上島珈琲店横の天祖神社石段上る
  10月
  沢山のご来場ありがとうございました!
 
  ■劇団昴公演■
協賛◎(財)現代演劇協会
『本当のことを言ってください』

作 畑澤聖悟(渡辺源四郎商店・店主)
演出 黒岩亮(劇団青年座)

平成25年度(第68回)文化庁芸術祭参加作品
文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
 
食肉加工会社「オリエントミート」を突如襲う内部告発。
世間を揺るがす大事件を前に暗躍する人々。
その渦の中から、一体何が明らかにされるのか?
畑澤聖悟、新作書き下ろし!!
  ●キャスト
小山武宏 星野亘 北川勝博 永井誠 遠藤純一 中西陽介 三輪学 大島大次郎
寺内よりえ 石井ゆき 江川泰子 相沢恵子 松谷彼哉 落合るみ 市川奈央子
  北村総一朗 劇団昴公演「本当のことを言ってください。」降板のご報告とお詫び
 

この度、当劇団所属 北村総一朗は、今秋10月に上演を予定しております舞台「本当のことを言ってください。」を体調不良により降板することになりました。

8月中旬、都内病院にて前立腺ポリープ内視鏡手術を受け、その病理検査の結果報告がこの9月18日にもたらされました。

主治医の診断は前立腺癌の故、早期の前立腺全摘出手術が必要とあり、現状のまま稽古を続行することは不可能となりました。

北村本人は出演を強く希望しておりましたが、医師から速やかな治療が必要であるとの指導を受け、降板を決断致しました。

久しぶりの出演を楽しみにして下さっていたお客様や関係者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけいたします事をお詫び申し上げます。

尚、東哲之助役は北村に代わり小山武宏がつとめます。

劇団昴 一般社団法人

理事 杉本了三

  ●登場人物相関図
 
 
●スタッフ
美術○柴田秀子 照明○古宮俊昭 音響○藤平美保子 衣装○竹原典子
舞台監督○井上卓 宣伝美術○真家亜紀子 宣伝写真○梅原渉
制作○演劇企画JOKO/劇団昴
協力○劇団青年座/渡辺源四郎商店
  ●公演日時
2013年10月19日(土)〜27日(日)
 
10月 19日
(土)
20日
(日)
21日
(月)
22日
(火)
23日
(水)
24日
(木)
25日
(金)
26日
(土)
27日
(日)
14:00 - - -
19:00 - - - - -

 
開場は開演の30分前
★・■=終演後に作家・演出家・出演者を交えたポスト・ショー・トークを行います。
★=22日は作家・畑澤聖悟、■=20日・25日は演出・黒岩亮が参加します。
 

前売開始 2013年9月4日(水)

●入場料金
一般:5000円 U24:3000円 オープニングチケット:3500円(19日のみ)
※U24=24歳以下の方対象。ご来場の際に年齢の証明できるものをご持参ください。
《オープニングチケット・U24は劇団昴のみ取扱い》
全席指定

劇団昴チケットコール 03-6907-8415
(平日10時〜18時)
電子チケットぴあ 0570-02-9999
【Pコード:431-513】
ローソンチケット 0570-000-407
【Lコード:34218】

●会場
赤坂RED/THEATER
 

   
 
 
このサイトの文章・画像・音声の著作権は全て劇団昴一般社団法人に帰属します。
無断でこれらデータの転載・複製等を固く禁止します。
 
   
Copyright (c) 2007-2021 劇団昴 All Rights Reserved